整骨院実績

肩関節の脱臼に起こりうる疾患~ヒルサックス損傷~

今日は肩関節の脱臼するのと同時に起こりうる疾患

ヒルサックス損傷」について説明します

まず肩の関節はこのようになっており

丸く大きい球状になっているのが腕の骨(上腕骨頭)で

それを入れている皿の様になっているのが肩甲骨(関節窩)となっており

この受け皿から上腕骨頭の位置がずれてしまうと脱臼となります

ヒルサックス損傷はこの脱臼の際、球状になっている腕の骨が

皿の様になっている骨とぶつかって上腕骨頭の関節軟骨と呼ばれる

部分の後ろ側が欠けたり陥没したりして損傷されること事をヒルサックスと言います

この障害が起こると、肩を脱臼しやすくなったり

肩の不安定感(肩が抜けそうになる感覚)が起こりやすくなります

おもに脱臼が起こりやすいコンタクトスポーツに多く

柔道、ラグビー、アメフトなどの競技に特に多いとされます

仮にこの障害になってしまってもインナーマッスルを鍛えることにより

再脱臼を防ぐことが出来ます。

はしぐち整骨院では脱臼の整復、他医療機関への紹介、

リハビリを行っていますので肩を脱臼してしまった方

以前脱臼してしまって肩の不安定感が残っている方

脱臼の経験がなくとも肩が不安という方は

是非、はしぐち整骨院いらして下さい。

 

 

 

関連記事

最近の投稿

アーカイブ