整骨院実績

足が冷たい、しびれる、歩くと痛い。

末梢動脈疾患(PAD)は動脈硬化を原因とする病気です。

・PADは足の血管が動脈硬化によって狭くなったり、詰まったりした結果、

血液の流れが悪くなって「足がしびれる」「歩きにくくなる」といった

症状が現れる病気です。

・同じく動脈硬化を原因とする脳梗塞や心筋梗塞・狭心症などと

合併することが多いため、経過の良くない病気です。

 

・動脈硬化は全身の血管に起こりますので脳梗塞や心筋梗塞の既往のある

患者さんはPADを合併している可能性が高いとも言えます。

 

足にこんな症状があったらPADかもしれません。

Ⅰ度

下肢の冷感、シビレ感

→動脈硬化の初期では無症状の場合もあります

 

Ⅱ度

間欠性跛行

→間欠性跛行の場合は短い距離を歩いただけでも

ふくらはぎに張りや痛みがあらわれ、歩くことができなくなります。

しかし、しばらく休むと痛みなどの症状は回復し、また歩けるようになります。

 

Ⅲ度

安静にしている時も痛みがあります

 

Ⅳ度

皮膚に潰瘍ができたりします。

 

こんな症状があったら、PADかもしれません。

早めに医師に相談するようにしましょう。

 

実は、このPADは脊柱管狭窄症の症状と似ています(汗)

要は、腰が痛いから、足がシビレていると勘違いしやすんです。

ABIという腕と足の血圧比計る機器で診てもらうと鑑別つきます。

 

 

何かお困りの際は当院までご相談ください。

当院では血管外科の専門医、整形外科の専門医を紹介することも可能です。

関連記事

最近の投稿

アーカイブ