整骨院実績

シンスプリント(脛骨過労性骨障害)

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)とは?

•ランニング

•ジャンプ

•ターン

•ストップなど

 

繰り返しの動作が多い競技に多く発生しやすい脛骨骨膜(スネあたりの骨)の損傷や炎症のことを言います。

 

 

症状

 

•スネの内側が痛い

•スネの内側の骨を押すと痛い

•走ったり、ジャンプをすると痛い

•ズーンと、鈍い響くような痛みがある

•骨がきしむような感じがする

 

こう言った症状がある方はシンスプリントかもしれません。

 

 

 

扁平足(土踏まずがない状態)や回内足の人も要注意です。

IMG_1175.JPG

治療法

まずは運動を中止し

痛みが強い場合や、痛めてすぐの場合は

アイシングをしましょう。

 

痛みが落ちついてくれば

温熱を開始します。

それと同時に痛みが出ない範囲で

足回りのリハビリも開始します。

IMG_1178.JPG

IMG_1179.JPG

シンスプリントは慢性化しやすい、怪我です。

それに我慢しすぎると疲労骨折になる

可能性もあります。

 

 

リハビリももちろん必要ですが

インソールを入れるだけで痛みの改善に繋がります。

そんなインソールを当院では、その人に合わせたものを約15分で作成することが可能です。

興味がある方は是非、ご相談ください。

関連記事

最近の投稿

アーカイブ