整骨院実績

成長痛??踵骨骨端症(セーバー病)

10歳前後の子でスポーツをしていたり、外で遊んでいたりすると、

踵(かかと)が痛くなることも、、、

もしかするとそれはセーバー病かもしれません。

 

 

セーバー病とは???

10歳前後の子どもは、かかとの骨の後ろ側が骨端軟骨(柔らかい骨)でできています。

このかかとの後ろには、ふくらはぎからつながる「アキレス腱」

「足底筋膜(足の裏の筋肉)」をはじめ、たくさんの筋肉がくっついています。

長距離の歩行や、ランニング、ジャンプの着地での衝撃や

アキレス腱や足の裏の筋肉の引っ張られる力により

踵骨(かかと)の部分に痛みが出ることをセーバー病と言います。

一般的には、かかと付近に起こる成長痛と言われています。

 

セーバー病になると痛みを避けたいため、つま先立ちで歩いたりします。

土踏まずが低い状態、いわゆる偏平足もセーバー病になってしまう原因です、

しかし10歳前後の子どもはもともと回内足であり偏平足なんですよね(笑)

回内足だと足が内側に倒れ込むため、土踏まずがなくなってしまい偏平足となります。

 

偏平足だと足のクッション機能が上手く働かずに足の裏や、ふくらはぎに負担を掛けやすくなります。

なので10歳前後の子どもはかかとが痛くなりやすいんです。

足のクッション機能を働かせるための改善策として後脛骨筋(こうけいこつきん)を鍛えることも重要となります。

つま先立ちも後脛骨筋を鍛えるトレーニングですよ!!

 

セーバー病になったらどうしたらいいの??

・基本は運動を中止、制限したり痛みが出る動きをしないことです。

・ふくらはぎや足の裏の筋肉を柔軟にする。

このようにテニスボールやゴルフボールでふくらはぎや足の裏をごろごろすることで

セルフケアすることも可能です!!!

 

・サポーターやインソールを活用する。

当院ではかかとの衝撃吸収をするサポーターも準備しております。

 

インソールも入れたい靴を準備して頂くだけで、自分に合わせたインソールを15分で作成します。

足のクッション機能をサポートしてくれます。

回内足や偏平足も予防してくれるためオススメです!!

 

 

足の機能を上手く使うための体操などのご紹介もしております。

痛みなどでお困りの方はいつでもお問い合わせください。

■受付時間:9:00~13:00/15:00~20:00  ■ 休診日:土日祝午後

受付時間内0120-983-395

受付時間外095-818-6608

 

 

関連記事

最近の投稿

アーカイブ