整骨院実績

手の舟状骨骨折

手の舟状骨の骨折は、レントゲン写真では骨折は見えにくく、見逃されてしまうこともあります。

放置すると偽関節になります。舟状骨骨折は偽関節になりやすいのが特徴です。

ん??偽関節って何って方は↓をクリックしてください。

偽関節

 

ちなみに、舟状骨…どこの骨かというと

もっと詳しく…この骨ですね。

ほとんどの原因はスポーツや交通事故などで手をついたときによく起こります。

レントゲン撮影が重要となりますが、発見されにくいことが多く

これが偽関節になる原因の1つです。

CTやMRIをとると骨折があれば骨折部がはっきりします 。

骨折しているとは思わず、捻挫したと思ったまま放置したため、偽関節になることが多いのが特徴です。

 

舟状骨は血行が悪いため、非常に治りにくい骨折の1つです。

 

当院ではギプス固定を行ったり

骨折が疑われる場合は専門の医師を紹介することも可能です。

超音波の治療器具(オステオトロン)にて骨折の早期治癒できる機械も準備しております。

 

何かお困りの際は、当院までお問い合わせ下さい。

関連記事

最近の投稿

アーカイブ