整骨院実績

これからのシーズンは・・・・

熱中症は

①暑く

②湿度が高く

③風がなく

④直射日光に当たる環境下で激しく活動

した時に起こりやすい症状です。

症状

・めまいや顔のほてり

・筋肉のけいれん

・体のだるさや吐き気

・汗のかきかたがおかしい

・水分補給ができない

 

発症の原因

夏場のシーズンで直射日光に当たりやすい屋外競技に多く

高温(25℃以上)、多湿、風の少ない環境下での長時間の運動によって発症します。

 

脱水、体温上昇、電解質バランス障害、血液循環障害など起きます。

 

    ↑黒球温度計で熱中症指数計という優れものです。
    熱中症予防運動指針にあわせて
    「運動は原則中止」「厳重警戒」「警戒」「注意」の4段階
    12段階で熱中症の危険度を分類し危険度に合わせて異なる警告アラームでお知らせしてくれます。
    屋内、屋外どちらでも使用可能です。

これからのシーズンに活躍してくれる熱中症対策の一つです!!!

 

 

 

応急処置

 

・涼しい場所へ移動しましょう。

・衣服を脱がして体を冷やして体温を下げましょう。

・塩分、水分補給をしましょう。

 

 

 

水分補給で特におすすめなのが

OS-1!!!

このオーエスワン、医療現場で活躍している経口補水液なんです。

過度の発汗などの水分補給にも特におすすめです。

 

 

当院でも経口補水液OS-1

1本200円(税込)発売中です!!!!

 

    熱中症は、高温環境でのスポーツ活動や労働作業時だけでなく日常生活においても多く発生しています。
    気温や湿度が高い場合は、水分補給をしっかり行いましょう。

 

関連記事

最近の投稿

アーカイブ