スタッフブログ

最新モデル導入!!骨の治りを促進させる治療器「オステオトロンV(LIPUS:低出力パスカル超音波)」がはしぐち整骨院に仲間入り!!!

今回も、患者さんにより貢献できる、うれしい報告があります!!!

新たに、骨折した骨の治りを促進させる治療器『オステオトロンV(LIPUS:低出力パスカル超音波)』を導入しました!!!👏

伊藤超短波さま公式ホームページ:https://www.medical.itolator.co.jp/product/osteotron5/

伊藤超短波さま、いつも素晴らしい治療器をありがとうございます😌

 

当院ホームページの整骨院実績(←ページリンク添付)をご覧いただけると分かりますが、ここはしぐち整骨院には、捻挫・打撲・挫傷などのケガをはじめ

骨折脱臼の患者さんも多く来院されます。


↑第4指中節骨基部骨折


↑第4中足骨疲労骨折


↑肩関節前方脱臼

そのため、骨折の治療に特化した治療器が多くあります!!✨


↑オステオトロンⅢ


↑オステオトロンⅣ


そして、今回のオステオトロンⅤ、、!!なんと、はしぐち整骨院、骨折の治療器を3台持ち😅(笑)

ほとんどの整骨院には、このように骨折の治療器は置いてないんですよ・・・。

 

 

では、早速、オステオトロンVがどのような治療器なのかを解説していきます!!

 

・オステオトロンV(LIPUS:低出力パスカル超音波)とは??

LIPUS(Low Intensity Pulsed Ultra Sound:低出力パルス超音波)の音圧効果により、骨折部位の骨の形成を促進し、1日20分照射するだけで、

骨癒合期間(骨の治る期間)を約40%も短縮できます!!

※骨癒合期間短縮には個人差があります。必ずしもすべての方が短縮するとは限りません。

更に、低出力であるため、通常骨折部に超音波を照射すると音波痛で痛みを伴いますが、オステオトロンは全く痛みなく当てることができます。

身体の表面(皮フ)から浅い部位から深い部位の骨折まで、様々な患部の治療にも対応できます。

【例】
浅い部分・・・指、手、前腕、足部、下腿、膝周囲、鎖骨、肋骨
深い部分・・・腰、脊椎、大腿部、股関節周囲、上腕
など

複数部位の同時治療や患部を挟み込んで骨全周に対しても治療が可能なため、複数(重複)骨折や難治性骨折(遷延治癒、偽関節など)などにも、効率的な治療が行えます。

※複数(重複)骨折:1つの骨が複数箇所で折れている骨折こと
※難治性骨折(偽関節など):骨の治りが普通治る期間より長くかかったり、骨がくっつかずにグラグラ動いてしまう、治りにくい骨折のこと

また、オステオトロンVは骨折治療器として厚生労働省(国)から認可されている治療器なので安心です!!

整形外科や病院なども、骨折の治療には、このLIPUSを使用するケースが多いです。

 

・オステオトロンの禁忌(対象外)

  • ペースメーカを装着している方
  • 阻血組織
  • 原因不明の急性(疼痛性)疾患の方
  • 心臓に障害がある方
  • 出血性素因の高い方
  • 悪性腫瘍のある方
  • 皮膚の損傷部位、炎症部位
  • 伝染性疾患の方
  • 頚動脈洞上
  • 椎弓切除術後の患者及び脊椎披裂患者の脊椎への照射
  • その他、医師が不適当と認めた方

 

骨折してしまって、早くスポーツ・社会復帰したい、、

そんな方は、長崎市はしぐち整骨院にご相談下さい!!

骨折・脱臼などの外傷経験豊富ですのでご安心ください♪

★整骨院で判別(骨折・脱臼疑い)はできますが、最終的な「診断」は医師のみができます。

★骨折、脱臼の初回処置(応急処置:ケガして直ぐの処置)は、可能なのですが、2回目以降の施術・過去に医師に骨折・脱臼と診断されたものに関しては、法律上、医師の同意(後療を〇〇整骨院でしていいですよ)がなければ施術できませんのでご留意ください。
※同意を得る方法は、書面でも口頭でも良いとされております。

 

(お問い合わせ方法)

■受付時間:(午前)9:00~13:00/(午後)15:00~20:00 

■フリーダイヤル:0120-983-395

■LINEで予約

※当日の予約も承っております。


※整骨院は、あくまでも、急性、亜急性のケガもの(20日以内に痛めて、キチンと原因のあるもの)は健康保険適応。慢性のもの(いつケガしたのか分からない、原因がはっきりしない)は、自由診療(健康保険適応外)となります。

※注意:写真・図・本ブログの転載・流用厳禁!!

 

関連記事

アーカイブ