スタッフブログ

こどもの左肘脱臼(肘内障):急患対応:ほねつぎ

こんにちわ(^^)/
すっかり真夏の長崎です(^O^)
7/23(月)は、通常業務後、21時過ぎから打ち合わせがあり、
23時まで掛かってしまいました(*_*;
もう遅いので帰ろうと、受付のシチジョウさんと
整骨院をでたら連絡が入りました。
「また娘の肘が外れたみたいなんですが、固定しとけば大丈夫ですか?」
5月にもこのブログに登場した女の子のお父さんからの連絡でした。
すぐに来ていただき整復しました。
前回は右肘の「肘内障」だったのですが、今回は左肘でした(+_+)
この年代の幼児特有の障害なので、両側に発生しても
不思議ではありません。
左肘肘内障.JPG
最初に健側の右肘の具合を確認して、
すぐに左肘の整復をしようとしたら、痛いので、
なかなか、左肘をだしてくれません・・・。
なんとか、左肘をだしてもらって、ササッと整復すると
「コクッ」と整復音がしたと同時に、痛かったのでしょう・・。
僕の手を叩いてきました(^_^;)
痛い思いをさせてごめんなさい<(_ _)>
整復後、やはり、大泣きされました(T_T)
今回は、寝ていて布団が絡み付いて左肘が外れたようです。
ご両親に、この症例の特徴を説明しお帰りいただきました。
最後は笑顔で、
「ありがとう(^^)」
と、言ってもらえて嬉しかったです。
はしぐち整骨院は、「ほねつぎ」です。
骨折、脱臼~スポーツ外傷・障害など幅広く対応しています。
お気軽にご相談、来院くださいませ!

関連記事

アーカイブ