スタッフブログ

膝関節前十字靭帯断裂、半月板損傷、軟骨損傷

こんにちは(^_^)/
今日の長崎は昨夜から小雪混じりですっかり冬です雪
今朝は、以前、ブログで紹介しました
薬剤師の張 炯炯 先生から電話が入り
「手作りでチーズケーキ焼いたから持って行きます(^^♪」
って、えっ(@_@;) 張さんそんな特技があったんですか・・・。
ところで、張さんは凄いんですよ!
元々中国の薬科大、大学院を卒業されていたのですが、
当時の毛沢東の政策で地方で農業に従事させられ、その後、
一念発起で日本にいらっしゃって様々のお仕事をした後、
私とご縁があり、その関係で調剤薬局で事務方をされていたら、
薬剤師の受験資格があることが判明して、単身で福岡の予備校に通われて
見事、一発で日本の薬剤師免許も取得されたんです。
50歳での挑戦、本当に尊敬します!!
今は、多良見の薬局にて管理薬剤師をされています。
クリスマスイブにサンタさんからケーキもらった気分になりました♪♪
張さん、本当にありがとうございました<(_ _)> おいしかったです(^^)
さて、今日は昼過ぎに2名の患者さんのお見舞いに行ってきました。
膝関節前十字靭帯断裂、半月板損傷、軟骨損傷
などで、同じ病院で手術を受けてリハビリしています。
当院では多くのスポーツ外傷・障害を取り扱っていますが、
保存療法の限界は必ずあります。
そうなると、最短で、できるだけ元の状態で競技復帰するには
手術をすることがbetterということもあります。
はしぐち整骨院では、きちんと専門医への橋渡し、ご紹介をしています。
当然ですが、術後のリハビリはご本人の希望ならびに執刀医の同意があれば
当院での施術を選択することもできます。
今日は、二人の顔を見に行って、術後の状態を確認してきたのですが、
二人とも笑顔(^^)対応してくれたので安心しました!
誰もが手術を望んで受けようとは思いません。
保存療法でできる部分は、私たち柔道整復師が対応できますが、
検査・診断・薬剤の使用になると整形外科医の診察が必要になります。
また手術をした方が良い症例もあります。
私はケガをした患者さんが望むことをできる限り
サポートしたいと考えています。
不幸にもケガをすることはあっても、その後は幸せになれるように
色々な選択肢を準備しておきたいと考えています。
その為に、日頃から知識も技術も研鑽をし、医師と共通言語でお話をして
常にコミュニケーションが取れるようにしています。
さてさて、二人とも年内に退院できるとのことで良かったです(^^)
年明けから、一緒に競技復帰に向けたリハビリがんばろうね!!

関連記事

アーカイブ