スタッフブログ

新しく温熱を加える効果的な治療器を導入!!その名は『ラジオ波』!!既に多くの患者さんから喜ばれています!リピーター続出!!

今回も、患者さんにより貢献できる、うれしい報告があります!!m(__)m

はしぐち整骨院は、新しく温熱を深部から加えることのできる素晴らしい治療器『ラジオ波』を導入しました!!!👏

導入して、既に多くの患者さんに喜んでいただいており、リピーター続出中です♪

 

では、早速、ラジオ波がどのような治療器なのかを解説していきますね!!

 

・ラジオ波とは??

2つの異なる電極間(電極とプレートアース)で身体をはさみ、その電極間に、筋肉など深いところにも伝わる、高周波(波が長く、周波数の低い)を用いて、

体内に摩擦熱(波長による振動を利用して、細胞同士を摩擦させ、熱を引き起こす)を発生させることのできる深部温熱機器です。

そして、ラジオ波のすごい所は、電極間を通ったすべての場所に温熱を加えることができ

例えば、お腹にプレートアースを入れて、足の裏にアースを当てるとしたら、お腹~足裏までのお尻、太もも、ふくらはぎなどにも熱が入り全体的に温めることができるんです😳

更にすごいところは、その電極間にある身体の部位で「抵抗感の高いところ」に特異的に熱を集めることができます!!!

つまり、狙わなくても自然と治療ポイントに熱が集まるのです。

また、ラジオ波は、従来のスポーツマッサージでは難しかった深部組織(深部筋肉や関節包、靭帯、骨組織)までをターゲットにできるため、

ケガや痛みの予防、早期の痛み改善や組織の改善、疲労回復を促してくれます。

 

・どのような効果があるの??

・血流の向上
・末梢循環(手足などの身体の端の血流)の改善
・温熱効果
・リンパの改善
・疲労回復
・首から肩回りの痛み、腰部痛、太ももやふくらはぎ周りの痛み、関節痛の改善
・肩・膝・足関節などの関節拘縮改善
・内出血改善
・浮腫(むくみ)の改善

などの効果があります。

趣味でスポーツをされている方や部活動生、アスリートなどの身体を動かされている患者さんでは、

練習前やレース前に身体を動きやすくしたり、練習後やレース後のリカバリー、筋疲労の緩和、腰部痛、肉離れ、腱の痛み、関節の痛み、骨折後の回復

など様々場面にも効果を発揮してくれます。

 

ケガの受傷直後から慢性的な長年の痛みまで様々なケガや痛みに対応可能で、現在オリンピックや世界選手権など世界で活躍するトップアスリートが、

パフォーマンス向上やコンディショ二ング、ケガからの復帰に、このラジオ波を使用されています。

なんと、あの日本を代表するプロのマラソンランナーの大迫傑さんもラジオ波を導入されているそうです✨

よく患者さんからは「眠たくなるほど心地いい」「ケア後も身体がポカポカする」「昔、お腹が痛い時に母にお腹をさすってもらった時の感覚に似てる」などの

喜びの声をいただいております!(^^)!

 

・料金はどのくらいかかるの??

料金は、基本、

【1ヶ所】¥550(税込み)+【延長5分】¥550(税込み)=¥1100(税込み)

※深部まで温熱が入り、しっかり効果が出るまで8分~10分程度の時間を必要とする為、延長料金が必ず加算されております。

もう少し長めでしたいという方や施術者がもう少しじっくりした方がより治療効果があると判断した場合、

【1ヶ所】¥550(税込み)+【延長10分】¥1100(税込み)=¥1650(税込み)

左と右のふくらはぎを2ケ所したい、首と肩回りの2ケ所したいなどの方は、

【2ヶ所】¥1100(税込み)+【延長5分】¥550(税込み)=¥1650(税込み)
【2ヶ所】¥1100(税込み)+【延長10分】¥1100(税込み)=¥2200(税込み)

何ヶ所するのか?何分延長するのか?など随時、ご希望によって変更できますので、施術前にご相談ください。

※健康保険適応外メニューとなりますので、ご了承ください。
※ラジオ波の単独メニューだけはできません。初めに必ず診察を行い、ラジオ波の適応な症状かどうかの判断をします。

 

もちろん、ラジオ波のみではなく、痛みを繰り返さない為の自宅でも行えるエビデンスに基づいた運動療法(体操)の提供や各症状に応じた医療機器を取り揃えています。

長崎市で安心・安全に身体の痛みを改善しませんか??

こんな症状にもラジオ波はいいの??など、お気軽にお問い合わせください。

■受付時間:(午前)9:00~13:00/(午後)15:00~20:00 

■フリーダイヤル:0120-983-395

■LINEで予約

※当日の予約も承っております。


※整骨院は、あくまでも、急性、亜急性のケガもの(20日以内に痛めて、キチンと原因のあるもの)は健康保険適応。慢性のもの(いつケガしたのか分からない、原因がはっきりしない)は、自由診療(健康保険適応外)となります。

 

関連記事

アーカイブ