整骨院実績

小指側の手首が痛い~TFCC損傷~

今日は、『TFCC損傷について説明します。

そもそもTFCCとは、尺骨と呼ばれる小指側の腕の骨と

手根骨という手の骨との間にある

『三角線維複合体』という靭帯や半月板などと

同じような軟部組織の事で

衝撃を吸収するクッションの役割をしています。

そこに炎症が起こり痛みが出ます

原因

テニスやバドミントンなどのラケット競技のスポーツ選手に多く

他には、床に手を強く着いた時やフライパンを何度も返すような

動作に起こりえます。

症状

痛みの症状が主で特に手首を返すような

動作で強く痛みが出ます(ラケットを振る動作や雑巾を絞る動作)

また、握力の低下なども起こり、

手首を動かしたときに関節の中で音が鳴ることもあります

治療法

エコーで炎症の程度を見て

軽度であればテーピングなどで動きを制限します。

痛みを引かせ治癒促進の為に電気、超音波療法を行います

重度であればギプスやサポーターで固定します。

 

スポーツ選手に限らず誰にでも起こりうる疾患ですので

小指側の手首が痛い場合には

はしぐち整骨院へ!!

 

 

関連記事

最近の投稿

アーカイブ