整骨院実績

長崎市のはしぐち整骨院がケガしたときに選ばれる理由とは!?

バスケットボール、サッカー、ラグビーのようなコンタクトスポーツで

相手の膝が太ももに当たったという人は少なくないと思います。

そういった大腿部打撲(筋挫傷)のことをチャーリーホース(Charly House)とも言います。

大腿部打撲(筋挫傷)について

img_0116

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状

・受傷直後は運動制限(動かす範囲が狭くなる)がみられる。

・症状は時間とともに強くなり、腫脹(腫れ)が強くなる。

・腫脹が強いと筋内の出血や腫脹により筋肉の内圧が増え、皮膚に光沢が出ることがある。

・また症状が長くなり過ぎると骨化性筋炎や筋組織の拘縮により、屈曲制限が残る可能性もある。

(場合によっては手術となることも・・・)

分類

軽 度:痛み、腫れは軽く、膝は90°以上曲げれるもの。

中等度:痛み、腫れはやや強く、膝が90°まで曲げれないもの。

重 度:血腫があり、膝が45°まで曲げれないもの。

治療法

・怪我した直後は出血を最小限にとどめるため、すぐにアイシング。
※↑前回お話ししたRICE処置です。

→その時に出来るだけ損傷筋を伸ばす体勢をとらせ、血腫形成(腫れの原因)を抑える。

img_0118

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・受傷翌日より、温熱療法に切り替える。

・なるべく腫れさせないようにするため、早く腫れをとるために、包帯を使い圧迫する。

img_0117

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・スポーツ復帰としては、軽度のもので3週間以内で復帰が見込めます。

たかが打撲だと思わずに、早期の治療が大切です。
はしぐち整骨院では、このように、
その他様々な外傷にも対応する事が可能ですので
是非、何かお困りの方はお気軽にご相談ください☆  お問合せ先はこちら

 

 

関連記事

最近の投稿

アーカイブ