整骨院実績

指の脱臼も安心して加療できるのが、長崎市はしぐち整骨院!!

今回は、当院で実際にあった症例について書いていきます!

受付終了後に、一本の電話が入りました・・・。📞

「社会人バスケの練習中にボールが指に強くぶつかり、指が変形しているので

診て欲しい、、」とのことでした。

もちろん、「はい、気を付けて来院ください!」と、急患対応です。

指の脱臼、もしくは骨折かな??と思っていました。

20分後来院され、

視診・触診・エコーにて骨折がないか、どのような脱臼かの画像チェック、やはり左第5指PIP関節背側脱臼疑い・・。

 

本人にこの整復の際の、リスクなどをしっかり説明し同意を得たのち、整復し、無事に整復完了(;´∀`)

 

これが整復前後の写真です。


↑背面像


↑側面像

これがエコー画像での整復前後です。

整復前は、基節骨より中節骨の方が上に転位してあるのがわかりますね。
しかし、整復後は、きちんと元の位置に戻っているのがわかります!

※整復とは、ずれた骨を、関節内の正常な位置に戻すことです!

ただ、このPIP関節の背側脱臼は引っ張っての整復はNGです😅
関節内や周辺組織の損傷を少なくするための整復法があるので、そこはプロにお任せ下さい!!

このようにエコーで画像として目でみて確認することができ、患者さんも安心ですね。

整復後、負担の少ない良肢位にてアルフェンス固定を施し、専門医へ紹介ました。
レントゲンの結果、『左第5指PIP関節背側脱臼』と診断。
関節内や周辺組織の損傷・骨折等もなく、しっかり整復されているとのことでした!

 

これは、ただの突き指だろ!?と思ったら、実は、脱臼や骨折だった・・・😢

てことは、多々あります。その際には、はしぐち整骨院にご相談下さい!

※骨折、脱臼の応急処置は、整骨院で可能ですが、その後、必ず、医師の診察が必要です。

当院では、各専門医師と連携しており、患者さんが安心して加療できる体制を確立しています。

 

フリーダイヤル:0120-983-395

 

関連記事

最近の投稿

アーカイブ